読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

croissantchicagoのブログ

クロワッサンシカゴ(Croissant Chicago)の公式ブログ。

眼鏡を新調しました

f:id:croissantchicago:20170314210529j:plain
眼鏡を新調しました。

ここ最近メガネをかけることが増えてきたのですが、
やはりずっとかけているとどんどん弱くなっていくようで
今のメガネでは少しボヤけてしまうようになりました。
今使ってるの作ったの4、5年前だし。

今まで使っていたのはJINSスクウェア型の眼鏡。
これはこれで良かったのですが、
今回は形を変えようと思っていろいろ調べました。

そして今回選んだのはzoffのリサ・ラーソンのコラボメガネ!Zoff meets LISA LARSON "Premlum Series" MIKEY [マイキー]

ウェリントン型といってちょっと丸みのあるものにしてみた。
テンプルの木目と青がいい感じ、青い部分は髪に隠れるけど。

他にもいろいろあるらしい↓付属のケースはちょっと可愛すぎるので恥ずかしいですが、
メガネは男性がかけても特に問題ないおしゃれなデザインです。

というわけで新メガネ満足。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド をプレイしてみた

お題「Nintendo Switch」

こんにちは。
3/3にニンテンドースイッチが発売された。
ヤマダ電機で予約した本体とAmazonで予約したゼルダは同時くらいに届きました。
f:id:croissantchicago:20170307150224j:plainローンチタイトルで一番注目されたのがゼルダの伝説シリーズ最新作。
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」ですね。

ゼルダの伝説シリーズは網羅しているわけではないですが、

はプレイしてクリアしました。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」はまだ途中ですが、
土日遊んでみた感想を簡単に書いてみようと思います。
ネタバレはちょっとあるかも。

どこへでも行ける

今作はゼルダ初のオープンワールドということで
見渡せるところであればどこへでも行けちゃいます。
もちろん「壁」と呼ばれるゲーム世界の境界(大海とか)はありますが、
そんなもの気にならないくらい広いです。f:id:croissantchicago:20170307140740p:plain
世界が広すぎるのでワープとパラセールでの滑空は必須です。
高いところからパラセールで空を進むのはとても気持ちが良いです。
グラフィックもリアルさはないですが、これはこれでとても好き。
このトゥーンレンダリング感が世界観にマッチしてます。
f:id:croissantchicago:20170307140743p:plain

回復は食事で

壺や草からハートやルピーがでなくなりました。
まぁ普通はでないですからね。なので回復手段は食事に変更です。
回復するには自分で食べ物を取って調理しないといけません。f:id:croissantchicago:20170307140738p:plainf:id:croissantchicago:20170307140735p:plain
この調理に関しては1つ1つ作るのでちょっと非効率感はあります。
まとめて何個も作りたいな〜とは思います。
でもたまにうまくいくと効果がアップする料理ができたりします。

戦闘楽しい、でも敵強い

戦闘は武器が豊富なので楽しいです。
武器によって攻撃モーションが代わります。
今作はジャンプもボタンひとつでできるのでジャンプ攻撃も自由自在。f:id:croissantchicago:20170307140758p:plain
攻撃をタイミングよく交わしたり、盾でうまく防ぐと
世界がスローモーションになって攻撃を畳み掛けることができます。
これが結構難しいのですが、これを使うと強敵も倒せるようになります。f:id:croissantchicago:20170307140756p:plain
フィールドには敵がうようよしているのですが、
最初の頃は一瞬で殺されてゲームオーバーになりまくりました。
戦闘が楽しくなるのは武器や防具を揃えられるようになってからですね。

目的はあるの?…ある!

f:id:croissantchicago:20170307140657p:plain
目的はガノン討伐!…というのは毎作似たようなものですが、
祠巡りをしながら過去の記憶を取り戻す旅をします。
オープンワールドと聞いて想像するのは単調なお使いミッションですが、
今作はちゃんとメインストーリーがあるので飽きないと思います。f:id:croissantchicago:20170307140732p:plain
世界各地を巡り、いろんな種族と出会うことで記憶を取り戻していきます。
「この景色は…はっ…思い出した!」って感じです。
4人の英傑たちとの記憶を取り戻し…そしてゼルダとの記憶も思い出します。f:id:croissantchicago:20170307140702p:plain
あと、今作にも大妖精さまはおられます。
大妖精を探すのも旅の目的のひとつ。いろいろ強化してくれます。
…なんかすごくおっきぃです。f:id:croissantchicago:20170307140706p:plain
今作にはクリア順序というものがなく、どこからでも攻略できる。
「これが正解」というものもなくて、クリアできればどんな手段でもOK
4人の英傑たちと出会うことでチート級の能力を得ることができます。
これがあると冒険が快適に!f:id:croissantchicago:20170307140700p:plain

今作のゼルダもかわいい

ゼルダのキャラは毎作ころころ変わっていて、
今回は眉毛太めで学者肌でオタクな女の子になっていた。
スカイウォードソードの頃とは似てるけどちょっと違う。
個人的には今作の方が好き。
f:id:croissantchicago:20170307140627p:plainf:id:croissantchicago:20170307140630p:plain
リンクにコンプレックスを感じているのでツンツンしていますが、
興味の湧くことになると饒舌になる…というなかなかいいキャラしてる。

f:id:croissantchicago:20170307140623p:plain

f:id:croissantchicago:20170307140625p:plain

ここまでプレイしてみて

アクションゲームは久しぶりにやりましたが、やっぱり楽しいですね。
時間泥棒…ってくらいに久しぶりにゲームやってしまいました。
オープンワールドはあまり得意なゲームではなかったですが、
今作はメインストーリーがしっかりしているのでとても良いです。

クリアしたらまた感想書くかもですが、
これ以上書くとネタバレになりそうなのでやめとくかな。
それでわ

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 

デスク周りをお掃除

暖かいのか寒いのかわからない日々が続きますね
最近部屋の掃除をしまして、
服やら本やらをごっそり処分しました。

現在のデスク環境はこちら↓
f:id:croissantchicago:20170221132442p:plain
やっぱり機材が多いのでコード類が絡まりあってよくないですね笑
これでも整理したつもりなんですが、やっぱりごちゃごちゃ感あるなぁ。

コンセントは全然足りないので分配器3つ体制でやっています。
ちなみに使用している電源タップは「ELECOM 電源タップ 3.0m T-Y053DA」。

一括スイッチ型で個別にオンオフはできませんが、
そもそもスイッチ常にオンの機材ばかりなのであまり気にならないです。
雷ガードも付いてますし、コードも太くて断線の心配はないです。
これを何個も置いていると埃が溜まりまくるのでケースに入れています。

イノマタ化学 テーブルタップボックス ブラウン Lサイズ

イノマタ化学 テーブルタップボックス ブラウン Lサイズ

 

結構でかいのでかさばりますが、あるとコードのごちゃごちゃも隠せて便利。
埃も溜まりづらくなったしよかったよかった。

iMacにはUSB端子が4つありますが、
マウス・キーボード・ペンタブで3つを奪われているため、
残りは1つしかありません。これは不便なので拡張しています。
使用しているのは、「Anker USB 3.0 ハブ 7ポート」

Anker USB 3.0 ハブ 7ポート (電源アダプター・USB 3.0 ケーブル付)

Anker USB 3.0 ハブ 7ポート (電源アダプター・USB 3.0 ケーブル付)

 

これで7ポート増量してるわけですが、全部埋まってます…まだ足りない笑!
これだけ挿しまくるとバスパワーのものだとたまに認識エラーが発生しますが、
このUSBハブは電源供給で動くので認識エラー等は今まで一度もないです。

iMacをメインモニターで使用して、
サブモニターで隣のディスプレイに映像を映すわけですが、
液晶ペンタブにも映像を送らないといけないので、
いちいちHDMIケーブルを差し替えないといけないわけです。
これはめんどくさい。なので切替器をかましてます。

ボタンをカチっとするだけで画面が切り替わります。
サブディスプレイでデュアルモニター作業したい場合は1、
液晶ペンタブでイラストを描きたい場合は2、みたいな感じ。

で、写真ではサブディスプレイにPS3のホーム画面が映っていますが、
これはサブディスプレイへの出力時にさらにHDMI切替器をかましているからです。
さらにそこに別の分配器も噛ませています。

こちらはスイッチ無しの分配器。
電源供給も必要ですが、製品名でググるとこれの使用用途もわかるかと。
AVerMediaの「Live Gamer Portable 2 AVT-C878」という
キャプチャーデバイスに接続してそこからUSBでiMacに繋ぎます。
つまるところiMacの画面でPS3が遊べます(ラグはあるよ)。

接続方法はこんな感じ↓
f:id:croissantchicago:20170221182218p:plain
上手くいくかは相性の問題とかあるかもしれないので保証はできませんが、
うちはこれで問題なく接続できています。
実況動画とかもやろうと思えばできないことはないけど、
今のところ予定はないです汗

先日記事にしたZOOM H6は机の上に置きっ放しにして
「あ、メロディー思いついた」って時にすぐ録音できる状態にしてあります。
ちなみにこれの三脚は「 Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B」。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

結構有名なやつですが、購入直後はボタンが固かったです。
押しまくって柔らかくなったら使いやすくなりました。

f:id:croissantchicago:20170221132442p:plain
というわけでデスク周りの機材を少し紹介してみました。
願わくば机を新しくしたいところ。奥行きが足りない…汗
候補は「fantoni GX」…高い!

それでわ!