クロワッサンシカゴのねごと

クロワッサンシカゴ(Croissant Chicago)の公式ブログ。




プーさん眼鏡を購入しました

f:id:croissantchicago:20180913131019p:plain

Disney Collection Created by Zoff “Winnie the Pooh Series”

新しい眼鏡を新調しました。zoffさんが『プーと大人になった僕』の公開を記念して『くまのプーさん』シリーズとコラボをしていたので、プーさん好きな身としては購入必至。色はグリーンと迷ったけど、ブラウンにしました。

今かけている眼鏡と同じウエリントンの形状。理由はあまり劇的に変えたくないから。少々サイズも違うので気分で変えれば良いかなと。ちなみにプーさんの方が少し大きくて軽い感じ。

f:id:croissantchicago:20180913131021p:plain

眼鏡ケースと眼鏡拭きもおしゃれ

今使っているリサ・ラーソンのケースもおしゃれなんですが、眼鏡拭きのデザインはこちらが好きですね。zoffさんでは2度目の購入ですが、限定コラボのものはこういったところにも注力していて好きです。

f:id:croissantchicago:20180913131023p:plain

テンプル柄は描き起こしの特別なアート

テンプルにプーさんのイラストがデザインされています。髪で隠れるからそんなバレないと思います。ガン見されたらわかるかも。今回はタイミングよく誕生日クーポンをもらったので、少し安く購入できました。

というわけで満足!

「Mirai Delivery OST」楽曲参加について

お知らせだー!

カミウラさん主催のトリビュートアルバム「Mirai Delivery OST」に Spoony Automataとして1曲提供させていただきました。タイトルは「アシタハレルナラ」。アルバムのオープニングを任されたので明るくポップな楽曲を目指しました。作詞・作曲はクロワッサンシカゴ、編曲・アレンジはTetolaくん、ボーカルはQふ⋆さんです。

「アシタハレルナラ」の歌詞をちょっと補足すると、複数の視点を盛り込みたくて段落毎に「わたし」「ボク」と一人称がコロコロ変わります。その人物の気持ちを歌にしているので、想いを伝える相手は「君」「キミ」「あなた」と対象の人物を分けたりしています。

Bandcampにて無償配布中です(ジャケットイラストは:perrosさん)


◆DLページ:https://kamiura-records.bandcamp.com/album/mirai-delivery-ost

本作は大塩哲史氏 × 深山フギン氏のマンガ「未来デリバリー」のファンによるトリビュート作品。連載から5周年という節目の年を記念してカミウラさん主催でリリースが実現しました。主人公の少女・アスミとロボットのアシモフが宇宙を巡る物語です。

加えてそこに初音ミクをはじめとしたVOCALOIDの見た目をしたキャラが登場するので、ボーカロイドキャラが好きな方やSF好きの方は是非原作も読んでみてください。その際はBGMとしてこのアルバムをかけてね!

特典のエンドカードも可愛いぞ!

夏休みが終わる

f:id:croissantchicago:20180828184201j:plain

こんにちは、もう8月が終わってしまう。でも外はまだまだくそ暑いわけです。はやく秋よ、来てくれぃ。自分はフリーランスで夏休みという概念は持っていないので今月はなかなか頑張った…ような気がする。頑張ったので売上が3倍くらいになったけど、その代わり反動で肉体に疲労を背負ってしまったので休息が必要。

1日の9割をデスクワークが占めていると言っても大げさではないので、大敵は首や腰の痛み。作業中はコルセットを付け、無理な前傾姿勢にならないようにしているわけですが、これ付けてるだけでも何故か疲れる。ヨガポールなるストレッチ器具を買ってベッドの上でゴロゴロすると、猫背気味になった腰が悲鳴をあげ、痛気持ちよさによって昇天。立って作業できる仕事も考えてみようかと思うこの頃。

というわけでネタもなくなってしまったので、最近自分が読んでおもしろかった記事をいくつか載せておきます。タイトル気になったら読んでみてください。

MAC→WINに環境移行して半年経ったよ

こんにちは。PCを新調して半年。OSXからWindows10に移行してどうなったのか。現在の作業環境についてまとめてみました。

f:id:croissantchicago:20180203222035p:plain

iMacを起動していない

メインPCはWindowsにしたんですが、iMacはそのまま机の上に置いてあります。が、半年経ってみるとほとんど起動していないことが判明。たまにデータを吸い出すことはありますが、それも数分で終わってしまうので実作業は皆無。

Macでしかできないこととして「Logic Pro」があったのですが、「Studio One」が4にアップグレードしたことにより、無理に使う理由も無くなりつつあります。インターフェースはわかりやすくて気に入ってるんですけどね…。

ファイルアクセスやプレビュー機能はFinderが好き

Macの操作に慣れているとSpaceキーで画像やテキストファイルをプレビューしたくなります。一々起動していたら確認が億劫になってしまうので。その機能がWindowsのドキュメントにはありません(あったらすみません)。「WinQuickLook」というアプリを導入すると同じようなことができます。ただたまにバグるのでやっぱりFinderの方が好きかな。

Finderのようにタブを増やしてフォルダ移動をすることができません(できたらすみません)。ピン留めなどはできますが数に制限があります。こちらもアプリを使えばタブ機能を実装できますが、どうやらバグも多いようなので使用を控えております。アップデートでデフォルト実装していただきたいところ。

使いたいフリーソフトがほとんど使える

Macでネックだったのがフリーソフトの対応の狭さです。これ使いたい、と思っても大体Windows専用だったりするわけです。今の環境ではそれが無いので便利なフリーソフトを活用することができています。

ファイル名を連番管理するときにOSXでは「Automator」を利用していたんですが、現環境では機能が充実したフリーの連番ソフトがあるのでより快適になっています。その他、メイカーが出しているソフトもWindowsの方が機能が多かったりしたわけですが、制限なく使用することができるようになりました。

AirDropが使えない

OSXの場合、AirDropを使用することでiPhoneのデータをパパパッとPC側へ転送することができる。ユニバーサルクリップボードの機能を使えば、コピペ情報も共有可能なのでiPhoneで調べたことをPC側に送るのもとてもスムーズに行えた。

Windowsにはその連携はないため、代用の機能を使うことになる。日頃からDropboxを利用しているのでデータ共有に関しては特に不満はないし、Google Chromeはブックマーク共有が行えるので使用するうえでそこまでの差はないんですが、AirDropの方が痒いところに手が届く感はあったかも。

ということで

そんなこんなで半年経ってみたものの、思った以上にデメリットがなく、作業環境がOSXである必然性も薄まってきました。やりたいことによってOS選びは変わると思いますが、YouTube見たりする程度であればWindowsの方がコスパは良いです。秋にWindows10の大型アップデートがあるのでそこでの機能拡張に期待!