クロワッサンシカゴのねごと

クロワッサンシカゴ(Croissant Chicago)の公式ブログ。




数万年ぶりの外だ

我々は数万年ぶりに外気に触れ、太陽を浴びた。
そこに待っているものは何か。

筋肉痛だ。

アルバム制作頑張るぜ…!

新曲の一部。

FF14やり過ぎ注意

お久しぶりに雑記でも少々。友人に誘われて今年のはじめ頃から「FF14」をはじめたのですが、こちらがなかなか楽しかったのでついやり過ぎてしまいました。さすがにちょっとペースを落とします(仕事しろ…)。

f:id:croissantchicago:20200611211725p:plain

https://jp.finalfantasyxiv.com/

ファイナルファンタジーシリーズは説明するまでもないメジャータイトルですが、FF14MMORPGというナンバリングタイトルの中でも異なるジャンルのゲームになります。基本はRPGなので似たようなものですけども。ようはユーザー同士でチャットなどで交流することができるオンラインゲームです。

f:id:croissantchicago:20200611211524p:plain

https://hikarinootosan.jp/

有名なところだと「光のお父さん」というドラマや映画のアレです。わたしも「光のお父さん」を見て『MMOも悪くないかも』と思いましたから、他人と絡むのに躊躇いのある方はそちらを見て見ると良いかも。わたしも人見知りですけど楽しく遊べているので大丈夫。

このゲーム、音楽が良いんですよね。個人的に音楽はゲームを長くやる上で最重要なので、劇伴担当の祖堅さんは良い仕事しています。歴代のFFの楽曲も随所に使用されていますよ。

f:id:croissantchicago:20200611212132p:plain

https://www.famitsu.com/news/201910/22185475.html

次のパッチ5.3でゲーム冒頭のイベント関連が整理され、ストレスフルなお使いイベントが緩和されるそうなのでゲームを始めるならそのタイミングがおすすめ。恐らく7月中旬くらいだと思います。

「ニーアコラボ」の続編もあるそうなので気になる方は無料トライアルからでも触ってみると良いです!ニーアのフィールドは再現度が半端ないので好きな人は是非やってもらいたい。

ちなみに「招待する」「招待される」とアイテムもらえるみたいなので、はじめようという方でもし良ければ下記招待コードをお使いくださいませ!

2020

こんにちは。

あけましておめでとうございます。2020年になりました。今年も頑張ってまいります。19年の暮れは仕事の大詰めで集中モードになっていましたが、正月は妹も帰ってきていたので家族でのんびりしてました。

f:id:croissantchicago:20200110182644j:plain f:id:croissantchicago:20200110182701j:plain

音楽活動もまた何かしらやろうとハマケンくんと話しているので、頑張っていきたいと思います。イベント出るかは微妙ですが、曲は作りたいなといった感じ。写真は新年の水タバコ会合。腹式呼吸を多用するので案外運動になる(ほんとかよ)。

それでは!

ポケモン剣盾のプレイ感想

ポケットモンスター ソード・シールド』が発売されました。『ポケットモンスター サン・ムーン』以来3年ぶりのポケモンプレイになります。間に発売されたマイナーチェンジやレッツゴー系は未プレイです。

クリアしたので感想をまとめました

f:id:croissantchicago:20191210160934j:plain

前評判でいろいろ言われていましたが、公式がうたっているように、モデルグラフィックは進化していて、広大なマップを走り回れるワイルドエリアはとても良い仕様でした。戦闘は実家のような安心感を感じる。

f:id:croissantchicago:20191210163814j:plain

ポケモンのデザインもウルトラビーストを経験した身からすればそこまでゲテモノ感は無かった印象。2D好きなので輪郭の薄れた3Dモデルに慣れないのは仕方ない。

ダイマックス化での迫力バトル

f:id:croissantchicago:20191210161537j:plain

戦闘はダイマックスという新しい要素が加わり、歯応えのあるバトルが体験できた。難易度もそこそこあるのでジムリーダーヌルゲーとは感じなかった。これはとても良いバランス調整。そりゃ何回も見てたら飽きますが、ストーリープレイ中はかっこいい演出を堪能しました。

f:id:croissantchicago:20191210170015j:plain

マックスレイドバトルはとてもおもしろい。ポケモンダイマックスする演出はとてもかっこよく、クリア条件が求められるなど今までのCPU戦よりも難易度が上がっている。シングルプレイの際の味方のポケモンによる運ゲーも発生するが、ポケモンが育っていればどうにかなるレベルではある。キョダイマックスポケモンの捕獲率が異様に低いのは気になるけど。

魅力的なキャラクターたち

f:id:croissantchicago:20191210163907j:plain

今作でもキャラクターへの力を入れ込みは健在なようで、男性キャラはかっこよく描かれているし、女性キャラは可愛くあざとい。前作同様主人公も衣装チェンジや髪型を変更できるのは嬉しい要素。衣装や髪型の種類も増えている。

f:id:croissantchicago:20191210172717j:plain

キャンプでは手持ちのポケモンと触れ合うことができる。カレーを作ることで体力や状態異常を回復できるのでポケモンセンターいらず。おもちゃを使ってポケモンと遊ぶことができるが、ポケリフレのような「タッチで撫でる」「ポケマメを与える」などはできない。ここは残念。

子供向けと割り切るべき?

しかし、その他のディテールに関しては目覚ましい進歩がないような気がするのです。せっかく作ったマップもスカスカに感じてしまいもったいなく感じる。

f:id:croissantchicago:20191210161341j:plain

シナリオはいつもと変わらないポケモンです。チャンピオンを目指しながら、ついでに裏で暗躍する悪党を懲らしめる。王道で良いのですが、今回はとってつけた感が強かったかな、といった印象。ゼノブレイド2並とは言わないけど、願わくばこの倍はボリューム欲しい。対象年齢時に無理なのだろうか?

f:id:croissantchicago:20191210161452j:plain

そろそろポケモンにも声優付けて良いと思う。3Dになったことでキャラクターの情報量がぐっと増え、口がセリフに合わせ動き、身振り手振りも大きくなった。それ故にボイスか無いことに違和感を感じてしまう。没入感が減る。主人公は喋らなくていいからブレスオブザワイルドのようにその他キャラは声優を付けても良いのでは。「え?」とか「うん」とか一言あるだけでも印象違うと思うのだけど。

ここからちょっと不満要素

f:id:croissantchicago:20191210163233j:plain

プレイしていて一番感じたこと。
『旅をしている感がもっと欲しい』。

f:id:croissantchicago:20191210161623j:plain

移動の描写が基本暗転なので淡白に感じる。鉄道はポップと一緒の時だけ車内が写るけど、普段は暗転で瞬間移動だし、シュートシティのモノレールやアーマーガアタクシーから街を見下ろす描写はない。最終的にみんなタウンマップで移動するようになるから、それ以外の移動描写にかけるコストを省いたように感じた。

イベントが…欲しいです

f:id:croissantchicago:20191210161652j:plain

加えて街の人口密度とイベントが少ないので新しい街に着くワクワク感がない。特にラストのシュートシティはスカスカに感じる。2Dでは許せていたものが3Dで見せられると違和感が気になってノイズになる。

ショップは基本同じものしか売っていないのでその街特有の名産などがあると良かった。キルクスタウンには露店もあるのだから「温泉まんじゅう」くらい売ってて欲しかった。バウタウンにあるような露店がそれぞれの街にあったらなぁ。

f:id:croissantchicago:20191210162237j:plain

さらにせっかくの据え置き機なのだから、この機会にサブイベントの導入もしてくれれば嬉しかった。住民とできるのはポケモン交換くらいで、あとは一方的にアイテムを貰うだけ。「ガラル鉱山の○○石を採掘してきて!」などのサブイベントがあっても良かった。一部バウタウンなどにお使いイベントはあった。ゼノブレイド2とばかり比較して悪いけど、イベントが圧倒的に少ない。

頑なに変わらない要素

f:id:croissantchicago:20191210162416j:plain

グラフィックが進化したことでその他の従来システムの使い回し感がより浮き出てしまった印象。特に「〇〇を拾った」「〇〇が下がった」等の状況説明文を2行メッセージ欄に連続して表示するのはテンポを損なうので一覧でささっとと見れるようにしてくれれば視覚し易い上にプレイ速度も上がって快適になると思う。

f:id:croissantchicago:20191210170938j:plain

ポケモンの醍醐味である育成に関してはかなりの改善が見られ、いわゆる6Vの高個体値ポケモンが簡単に入手できるようになった。努力値と呼ばれるパラメータに関しても短時間で済ませることができる。

ただし、今作から導入された性格を変えるミントやバトルに使用するアイテム等は従来通りBPでしか交換できない。今までは6Vを厳選する労力の方が勝っていたが、今作からはこのBPを集める労力が勝ってしまい、バトルタワーの作業ゲー感が加速してる。

手軽にランクバトルに参加して欲しいのなら、ミントやバトルアイテムを手に入れられるミニゲームなどがあると良かった。

フレンド要素の不満点

f:id:croissantchicago:20191210162826j:plain

最後にフレンドとの通信について。これについてはどうしてこんな仕様なのかよくわからないが、不満が多いのでとりあえず書いておく。

まず、GTSの廃止によりポケモンの交換はフレンド間のみになった。不特定多数を対象にアトランダムに交換できるマジカル交換は可能。

f:id:croissantchicago:20191210162753j:plain

だが、フレンドとポケモンを交換する場合のマッチング方法が前時代的。まず、ひとりがパスワードを設定して待機状態になり、もうひとりがそのパスワードで待機してる相手を探す。ただし、そのパスワードは4桁しかない。

つまるところ、別の誰かがそのパスワードで待機していた場合、不覚にもマッチングしてしまう。待ち合わせ部屋が1万部屋あるみたいなものだと想像するけど、ポケモンのユーザー規模で1万部屋は少ない。そのせいで特定のフレンドとマッチングするまでに幾人との誤凸を繰り返すことになる。

f:id:croissantchicago:20191210163013j:plain

フレンドとワイルドエリアを一緒に探索することやキャンプでカレーを作ることも簡単にはできない。恐らく同じサーバーにいないと出てこないのだろうが、スプラトゥーンでできるのだからポケモンでもできるようにして欲しい。もっと気軽に!一緒にポケモン愛でたり、カレー作りたいんですけど!

総評

f:id:croissantchicago:20191210163144j:plain

ネット上にある意見はあまり参考にせず、自分でプレイして感じたことをまとめました。せっかくのグラフィックや広大なフィールドなのだから、もっと活かしてくれるとなお良いのにな、と思いました。

初の据え置きだったけど「めちゃくちゃ新しくなった!」とは感じなかった。外見は変わったけど中身はそのままみたいな。まだ実験段階なのかもしれない。なのでアップデートや次作に期待!