クロワッサンシカゴのねごと

クロワッサンシカゴ(Croissant Chicago)の公式ブログ。




アイマスク

日がな1日パソコンと向き合い仕事をしていると、テクノストレス不眠なる睡眠障害が発生することがあるようだ。これはいかん。よってアイマスクを購入した。これでそんななんたら不眠症を気にせず安眠することができるはずだ。

人間は目を閉じていてもスマホやダウンライトが発する光により、無意識に目を活動させてしまう。アイマスクを装着することで目の負担を和らげ、睡眠導入に余計な光をシャットアウトし、安定した睡眠導入を促すことができる。不眠症などもはや敵ではないだろう。

そう思ったことはないだろうか。
実はこれは暗所恐怖症の己には逆効果だったのだ。

アイマスクを装着してしまうと目を開いても真っ暗。真っ暗なんだよ。これはだめだって。だめだめだめ。沖縄の修学旅行でガマに入って、ガイドのおっさんが「暗闇を体験しましょう」とか余計なこと言って、1分以上も電気つけなかったから「おい、ぶっ○すぞ、はやく電気つけろ」って言いたくなったことを思い出した。

でもそれに比べれば己の裁量で脱着できる分幾分かマシだ。寝落ちしてしまえば問題ないことだろう。まだ使用して2日程度なので詳しいことはわからないが、眼球疲労も数ミリパーセント程度は抑えられていると感じた。

使用していて特にこれと言った不満は上記に述べたとおりだ。だが1つ大きな欠点がある。それはいつも寝る前に視聴するアニメや実況動画を見る時だ。見ながら寝落ちするのがいつもの流れなのだが、こいつを付けているとズラすのがとても邪魔だ。だから、アニメを見ながら寝落ちするときはアイマスクは付けないことにしている。これで安定した睡眠導入を促すことができるのだ。