クロワッサンシカゴのねごと

クロワッサンシカゴ(Croissant Chicago)の公式ブログ。




この世界の片隅に、いる

f:id:croissantchicago:20180321102104j:plain

こうの史代の同名漫画を原作とする劇場アニメーション映画。2016年11月12日公開。

日本映画専門チャンネルにて「この世界の片隅に」が放送されました。上映当時は気にはなりつつもスルーしてしまったので今回が初視聴。見逃してしまった方も過去作含めて再放送するようなので、チェックしてみるとよいかも。

「すずさん」という1人の人間

片渕監督の作品は「マイマイ新子と千年の魔法」を鑑賞したことがあって、今回観た「この世界の片隅に」にも変わらずに共通する「作家力」が素晴らしいと感じた。ジブリの高畑監督の作風とも近いものを感じる。

この映画では、「すずさん」という1人の人間を、観ている側に信じ込ませることに注力していて、のん(能年玲奈)の声、アニメーションの演技を含めて、それを見事に成功させている。ゆったりとした動作に中割を割くことで、日常の動作1つ1つに視覚的快楽が生まれ、『そこにいる』という存在感を強く受ける。そして、その1人の人間である「すずさん」が、嫁ぎ、笑い、泣き、怒り、葛藤し、絶望し、再起する、という誰にでも訪れるであろう普遍的な物語を歩む。それだけで感動する。これは言葉にはできないもの。

「戦争」というのはそこに割って入ってきたものに過ぎない。『戦争の時代を生きた人々』というのは誤った表現だったのかもしれない。人々の暮らしの中に『戦争』という大き目のイベントがあったのだろう。だから、今ぼくらが生きる時代に、特に昨今の世界情勢を見るに、これは他人事などでは決してないと思わされる。「戦争」は正義と正義のぶつかり合いだ。敵味方どちらかが良い悪いの問題ではない。そういう意味では、戦争賛美や反戦イデオロギーを明確に歌っていないこの作品の立ち位置はとても貴重であるし、見る側の解釈に委ねられている。

すずさんは絵を描くことで自分の感情をコントロールしているが、対空砲火が迫っている状況で「今、絵具があれば」なんて考えてしまう子なのです。ですが、これはものを作る身としてとても共感できるし、不謹慎であるとわかりつつもカタルシスを感じ、目の前の情景をこの世ならざるものとして美しく捉えてしまう場合があります。この台詞は映画オリジナルらしいのですが、すずさんの感性を表したよいアレンジだと思います。この台詞により、すずさんはいわゆる"普通"の女性ではないと感じる方もいるかもしれないですが、そもそも"普通"なんてものは存在しませんので、これがすずさんという人間なのです。こんな人間いないよ、と言われたらそれでお終いですが。

言葉にできないもので胸が満たされる

特に好きなのは、玉音放送を聴いたすずさんが感情を吐露するシーン。それと白鷺を追いかけるシーン。もちろんそれらは前半のシーンを踏まえた上でのものになっているので、結論全編無駄なく最高ということになる。これらのシーンは泣いてしまう。でも悲しいから泣いているのではなくて、言葉にできないものが溢れてくるから涙が出る。同じく作品を作る身として嫉妬してしまうね。

鑑賞前に思っていたよりも全編笑える話になっていて良かった。この時代設定でこんなにも微笑ましい構成になっている作品は珍しい。4コマオチのようにパッパとリズムよく展開するので日常シーンも飽きずに見ることができる。絵を描いていたら汽車に乗り遅れたり、ドンくさい体裁の癖に間諜だと疑われ家族に笑われたり、妊娠したかと思ったらそんなことはなかったり、基本的にすずさんの天然キャラが微笑ましい。そんな日常があるからこそ、物語後半は辛い。

音楽は言わずもがな最高である

僕は「マイマイ新子と千年の魔法」以前からコトリンゴのファンであるけれど、今作もドハマりしていて何も言うことがない。「悲しくてやりきれない」や「隣組」のカバーをはじめ、「みぎてのうた」「たんぽぽ」と外れがない。この方の歌声はそれだけで催涙効果があるので卑怯だ。最高だよ。

大人向けの映画だと思う。「火垂るの墓」よりも「この世界の片隅に」の方が絵柄も可愛いし、子供に見せても問題ないとは思うけど、「火垂るの墓」はある種哲学チックな物語に見える反面、本作は現実感が強烈で、ある程度教養も必須になってくる。歴史や文化をある程度知らないとおもしろくないかもなーとは感じた。海外でも人気なようだから、そんなことはないんだろうけど。気にすることはないのかもしれない。万人におすすめできる作品です。

あとはもっと広まることを祈るばかり。事務所がどーだこーだとか聞くと悲しくなってくる。是非地上波でも放送してほしい。とりあえず、遅ればせながらブルーレイ買います!

花粉

花粉がなかなかにやばい。

日頃打ち合わせで電車移動があるわけですが、地上を走っている電車内はなかなかにやばい。地下鉄はそうでもない。地上の路線に乗り入れてるやつはやばい。ゴーゴル装備するような重度の花粉症ではないし、薬を飲まないと外出できないレベルでもないですが、やはり花粉が多くなると鼻がムズムズしてくしゃみが止まらなくなります。

でも徐々に暖かくなってきたのは良いことです。寒いと活動する気力が湧いてこないので。今月からは冬眠明けのプーさんよろしく活動的になろうかと思います。

消費活動を抑えて生産活動に注力しているとストレスも溜まるわけですが、生産活動のバリエーションを増やすことでそのストレスも軽減されるようです。パソコンを買ってしまったから消費を抑えたいところがあって、それによるストレスを軽減したい時期なだけなのですけどね。

実況したり、作曲したり、小説書いたり、イラスト描いたり、ゲーム作ったりを並行して行うことで、消費活動でストレス解消する必要がない生活を作ろうと頑張っています。同じことをしていてもすぐ飽きる性格なので、作るものをころころ変えながら、将来的に身になるであろうことへ手を伸ばしている、という感じです。

これのおかげで今年は今のところ無駄な出費もなく、仕事や生産活動に必要なものを適宜用意できているのでこの調子で1年過ごせればと思っています。貯金の溜まり方も悪くない感じ。予定としては夏頃にでかい仕事をドン!とやって、昨年のように後半はサボりたいところ笑

3月だってよ

大変だ、2月が終わってしまった。フリーランスになってはじめての確定申告があったのでそれをやるのにちょっと忙しかった程度かな。郵送で無事終了。2月何かしたかと聞かれれば、特にこれと言って答えられない。

そんなことより、今季のアニメを見れていない。ゲームもアニメも積まれまくっている。リアルタイムで見ないとどうも見る気が失せてしまう。最終回まで貯めて一気見した方がいいかなって。でも来季にはじまるアニメのどれかはリアルタイムで見ようと思う。「シュタインズ・ゲート ゼロ」「Caligula-カリギュラ-」「PERSONA5 the Animation」が気になる。どれもゲーム原作のアニメ。

「Caligula-カリギュラ-」については今後発売のものを予約済みで、他2作についてはクリア済み。どのルートで進めていくのかが気になるところ。ブログでは紹介していないんですが、「PERSONA5」は本当におすすめなのでRPGが好きな方は是非。ナンバリングタイトルだけど、前作とのシナリオの繋がりはないので大丈夫。

f:id:croissantchicago:20180315223933j:plain

最近「A列車で行こうExp.」という鉄道×街づくりゲームをちまちまやっているせいかガッツリとしたストーリーもののゲームを食したくなってきた。「ゼノブレイド2」はとても良かった。まさかゼノブレイドロスなのか?「モンスターハンター・ワールド」もまだ半分くらいだけど、今はアクションよりもRPGがやりたい口かも。てかモンハンの怪獣たち硬すぎぃい!

ボーカルのミックス処理

f:id:croissantchicago:20180206100526p:plain

ボーカルの処理どうしてますか?

ミックスをしていて一番気にするのがボーカルの処理です。ピッチ補正やディエッサー、コンプレッサーなどを含めると他のトラックよりも多くのプラグインを挿すことになります。そんな中で個人的に愛用しているのがWavesの「Maserati VX1」。

「Tony Maserati Signature Series」は買って絶対に損はありませんので安くなっているうちに持っておくことをおすすめします(体験版試してからの方がよいと思いますが)。僕のようにミックスが不得手な人間にはもってこい。プリセットひとつでサウンドも音圧もクオリティが跳ね上がるので迷ったらこれ挿しておけば問題なしです。

f:id:croissantchicago:20180206095209p:plain

Waves Horizon」と「Tony Maserati Collection」

ピッチ補正は「Pitch Correction(Logicのみ)」とか「Melodyne」とか。ボカロでもこれを挿さないと音程が気持ちよくないのでピッチ補正はマストです。

Wavesプラグインだと「Renaissance Compressor」と「Vocal Rider」もおすすめです。「Renaissance Compressor」はC1とL1が組み合わさったようなもので、サイドチェインを活用しながら3dbゲインリダクションする程度かけます。基本的にはプリセット少し弄る程度。ARCに設定してElectroとOptoは好み。Warmに設定しておくと倍音が足されます。

「Vocal Rider」はボーカルの音量を自動で調整してくれるのでオートメーションを一々描く手間が省けます。これもベーストラックなどからサイドチェインを受けさせます。あまりレンジ広げすぎると逆効果になる。さり気なく使う。ボーカルトラック通して音量差が激しい場合は「MV2」でLow(=小さい音)をあげてあげます。やりすぎるとダイナミクスが失せます。ボーカル以外でも音量差が激しい場合は使えます。

そして、最後を飾るのが「Maserati VX1」。よさげなプリセットを選んでちょっと弄れば完了!僕の楽曲のボーカル処理は大半がこれで終わりです。完成したボーカルトラックをセンド送りしてリバーブとステレオディレイをかけてあげます。リバーブは「Space Designer(Logicのみ)」とか「Renaissance Reverb」とか。ディレイはその都度DAWに付属してるものです。

歌ものはボーカルが主役なのでボーカルが聞き取りやすいように頑張っています。いろいろ言ってますが、うまくミックスできているかどうかはわかりません(汗

それでは。